こんな手口を使う悪質業者には注意してください!

「低い金利にまとめて一本化したい」「すぐに貸してくれることろはないだろうか」など、
クレジットや消費者金融の多重債務者や緊急の融資を必要とする人の悩みを利用して
利益を上げようとする悪質業者や違法業者による被害が増えています。
被害の防止やトラブルに遭わないように気をつけましょう。


短期・高金利の違法融資

10万円以下の小口の融資をして、1週間から10日という短期ごとに返済をさせます。
融資は振り込みで行い、その際「手数料」として1割から2割引いた金額を振り込みます。
返済を要求する金額は大体2万円前後ですが、短期間で何度も返済させられるので、
自分がどれくらい返済したのか分からなくなってきます。
最終的には実質金利で数千%という超高金利になってしまう場合もあるようです。
違法であるという証拠を残さないために、契約書や利息計算書のような書面はいっさい発行しないのが特徴です。

金銭をだまし取る詐欺業者「紹介屋」

広告などで有利な条件で融資するような宣伝をし、
申し込むと「あなたは信用が足りないから」などの理由で他社から借りさせます。
そこから「信用力を回復するための」手数料や保証料など様々な理由で振り込ませ、その後逃げる手口です。
「他社を紹介する」と言って紹介料を取ることから紹介屋詐欺と言われています。
「当社は紹介屋ではありません」と広告して信用させる業者も増えていますので気をつけましょう。
手口も多様化しています。

アルバイトと偽って名義を理由する詐欺

若者を相手に「消費者金融融資実態を調査しています」などと称してアルバイトをもちかけ、
消費者金融会社のカードを作らせ、そのカードで借入をされてしまう手口の詐欺です。
最初はばれないように返済を行いますが、いずれ返済がなくなり、消費者金融会社から本人に催促がいった段階ではじめて気が付きます。

クレジットカードで物品購入から現金化

「手持ちのクレジットカードですぐ現金」というような広告をしています。
申し込むとクレジットカードカードで指定商品を購入させられ、それら商品を買い取る形で現金を手渡します。
ですが渡される金額は商品購入金額の半分以下です。
カードの決済日が来たら全額を決済しなければなりません。結局手渡された金額と購入金額の差額をだまし取られたことになります。

もし被害に遭ったら相談・通報をしましょう!

被害に遭ったと思ったらすぐに貸金業協会の窓口や弁護士に相談しましょう。
また取り立てなどが悪質な場合は警察に届出しましょう。