キャッシング豆知識

アットローンは安心の銀行系キャッシング

カードキャッシングとは

ATMなどを利用して、利用限度額内でお金を借りるキャッシングです。
普通の銀行ローンなどとは違い、無担保で融資してくれます。
返済方法も各金融機関で違いますが、定額・リボ払いなど
さまざまな返済方法があります。

カードキャッシングを利用するには

カードキャッシングを利用するには、審査が必要です!
あなた自身を証明する書類や自宅・勤務先の情報などを提出して
その情報が正しいのか、または融資しても大丈夫なのかの判断をするのです。
インターネットでの申し込みでは、各社審査がとても早く
手軽で安心してキャッシングできるでしょう。
銀行系・信販会社系・消費者金融系などなど
さまざまな機関がカードキャッシングサービスを行っていますが
銀行系のカードキャッシングは、信販会社や消費者金融に比べると審査が厳しいようです。

このサイトでは、
安心してキャッシングできるアットローンのカードキャッシングを紹介しています。
あなたにぴったりの安心キャッシングができるはずです。



キャッシングって何?

キャッシングとは、金融機関等からの融資を受けることで、主に個人を対象とした小額の融資の事をキャッシングと言います。

キャッシングサービスを行う主な会社は、消費者金融会社、銀行、クレジットカード発行会社等があります。

それらの金融機関が発行するカードを使ってATMやCD(キャッシュディスペンサー)から現金を引き出して借りる、または借り手の所持する銀行口座へ振り込まれるかたちで融資されます。

小額融資キャッシングの場合、その多くは基本的に保証人や担保の要求はされず、
また審査も早く、比較的迅速な融資が行われますので、小額のお金を即時に必要とする時などに
気軽な借り入れ先として利用する方も増えています。

特にはじめてキャッシングされる方は、安心さと低金利を求めて、 銀行系やクレジットカード会社系のキャッシングを利用する方が多いようです。

また、もしもの時のための、もう一つの財布(サイフ)として、
低金利のキャッシングを上手に使う方も増えているようです。



銀行系キャッシングとは

銀行系キャッシングとは、銀行本体が運営する、
または提携運営するキャッシング会社及びキャッシングサービスです。
2006年に大手消費者金融会社のイメージが悪化するなか、
低金利と安心感でキャッシング融資額を伸ばしたのがクレジットカード会社系キャッシングと銀行系キャッシングでした。
銀行系キャッシングは広告宣伝も積極的に行い、審査を含めての融資ノウハウも蓄積され、
低金利と安心感で利用者に支持されキャッシング融資額を伸ばしています。
一般的に銀行系キャッシングには審査が厳しいというイメージがありますが、
現在銀行系キャッシング各社は融資に対して積極的な姿勢を持っています。
キャッシングを初めてする方や他社からの借り入れが少ない方は、
イメージにとらわれることなくまずは低金利の銀行系キャッシング各社に融資申請してみてはいかがでしょう!



キャッシングのご融資までのおおよその流れ

キャッシング・融資などはキャッシング会社によって手続きや必要とする書類は若干ことなりますが、基本的には同じです。
以下に融資までのおおまかな流れを記載しますので、ご確認ください。



キャッシング返済方式のいろいろ

キャッシング会社から融資を受けた場合の返済方式には大きく分けて以下の4つの方式があります。

「元利定額返済方式」 「元金定額返済方式」「元本一括返済方式」「残高スライド方式」

銀行系キャッシングで多く採用されているのが「残高スライド方式」の「リボルビング方式」です。
リボルビング返済方式とは、利用件数や借り入れ金額に関係なく、
毎月の返済金額を一定額に設定して支払いを行う返済方式です。
このリボルビング方式もまた種類がいくつかあります。



キャッシングは上手に借りて上手に返済

キャッシングはご利用もご返済も計画的に

キャッシングのテレビのCMでも耳にすることも多いですが、ご自身の収入を考えてあらかじめ返済を考えた
計画的な借り入れをすることが大切です。
金利や毎月の返済額、返済期間などを充分に考慮しましょう。

キャッシングは借りすぎに注意をしてください!

キャッシングは一般的に毎月の返済額が収入の20パーセントを超えると、返済が難しくなると言われています。
また借り入れ総額が年収を超えると返済が難しくなるとも言われています。
ご自身の収入を充分に考慮して借り入れをしましょう。

借り入れ先のキャッシング会社を要チェック

キャッシング会社の広告は新聞や雑誌、チラシやネットなど様々なメディアに掲載されています。
その中には悪質・違法業者による広告もあります。
キャッシングの広告に関しては、貸金業規制法および金融庁のガイドライン、
貸金業協会の自主規制基準により営業広告に掲載しなければならない要件はきめ細かく決められています。
例えば「商号や貸金業登録番号など」「貸付条件(金利、返済方法、遅延損害金、主な返済例など)」を必ず掲載しなければならない他、誇大広告も禁止されています。
借りる前にこの様な点を充分にチェックをし、悪質・違法業者からは借り入れないように注意しましょう。
このようなことからも信頼がおける銀行系キャッシングクレジットカード系キャッシングを利用するのが安心といえます。



こんな手口を使う悪質業者には注意してください!

「低い金利にまとめて一本化したい」「すぐに貸してくれることろはないだろうか」など、
クレジットや消費者金融の多重債務者や緊急の融資を必要とする人の悩みを利用して
利益を上げようとする悪質業者や違法業者による被害が増えています。
被害の防止やトラブルに遭わないように気をつけましょう。